• TOP
  • > サービス紹介 - 地質調査

サービス紹介

地質調査(物理探査)

 

地中レーダ探査

アンテナで地表から地中に向けて発信した電磁波は電気的性質の異なる所(地質の相違、埋設物、空洞など)で反射して、再び地表に戻ります。その反射時間を連続的に測定し、反射映像として表示し、得られた反射映像の形状から地下の状況を判定します。

詳細を見る

 
 
 

弾性波探査

速度の異なる境界面で弾性波(P波)が屈折する現象を利用する探査で、昔から最も広く利用されている物理探査です。

詳細を見る

 
 
 

電気探査

二次元比抵抗探査は電気探査法の一種で、地盤に人工的に直流電流を流し、発生する電位を多点で測定することで地盤の電気的性質である比抵抗分布を推定する手法です。

詳細を見る

 
 
 

表面波(レイリー波)探査

表面波(レイリー波)伝播速度(≒S波速度)の変化を利用する探査です。起振機により、地震波を人工的に地中に流します。その発生する表面波をA-B間で検出する事で、地層の構成や硬軟を把握します。

詳細を見る

 
 
 

高密度表面波探査

測線上に起震点と受振点を複数設置し、ハンマーで起震点を起震させて受振点に伝わる表面波を観測します。従来の表面波探査に比べて測定システムが単純で迅速にデータの取得が出来ます。

詳細を見る

 
 
 

物理検層

P波を地面に置いた鋼板を垂直に強打することにより、S波を地面に設置した横木の切口を水平に打撃することにより発生させます。

詳細を見る

 

地質調査(一般地質調査)

 

ボーリング調査

先端に取付られたビットの速い回転と給圧により土砂や岩を切り削り、掘削屑は泥水の循環によって孔外に排出させます。

詳細を見る

 
 
 

現位置試験・計測

詳細を見る

 
 
 

現地調査

詳細を見る

 
 

ページの先頭に戻る