サービス紹介

地質調査(物理探査)

 

地中レーダ探査

一覧へ戻る
地中レーダ探査イメージ

地中レーダ探査は、地中の境界面で電磁波が反射する現象を利用する探査です。測線に沿ってアンテナを移動させことにより連続的に測定し、リアルタイムに画像データとしてみることができます。可能探査深度は3m程度(使用するアンテナによる)以浅に限られてはいますが、分解能が数cm程度であることや、平坦地では極めて操作性が良好であることから、地下埋設管、陥没のおそれのある道路下空洞の調査等に多用されています。

地中レーダ探査イメージ2
埋設管調査状況
埋設管調査状況

路面や平坦地ではアンテナ、測定器が一体となった専用カートで測定します。連続した反射断面図をリアルタイムで取得し、現場にて判断出来るので、埋設管の位置や空洞位置をマーキングすることが可能です。

トンネルでの測定状況
トンネルでの測定状況

トンネルの覆工コンクリート厚と背面の空洞の状況を探査しています。高所作業車でアンテナを上向きで覆工面に押し当てつつ移動しながら測定します。


 
 

ページの先頭に戻る