サービス紹介

地質調査(物理探査)

 

弾性波探査(屈折法地震探査)

一覧へ戻る
弾性波探査イメージ

弾性波探査は爆薬やカケヤの打撃等によって人工的に弾性波を発生させ、地下の速度境界で屈折する屈折波を地表に並べた受振器で観測し、地層構造や地質を地震波の伝播速度で判定する方法で、断層や破砕帯の位置及び土砂層の厚さなどを把握できる物理探査法です。

解析断面図
解析断面図

当社では、従来のハギトリ法による層解析に加えコンピュータによるトモグラフィ解析をも実施しております。トモグラフィ解析は従来の解析法に比べ風化帯の分布などでは地下構造をより忠実に反映します。

探査の様子
探査の様子

本部で弾性波探査機器を使ってのデータを収集。起震は一般的にダイナマイトを使用します。危険を伴う作業なので本部では複数いる発破士と電話線で、連絡を常にとり、安全に調査できるよう心がけてます。


 
 

ページの先頭に戻る