サービス紹介

地質調査(物理探査)

 

物理検層

一覧へ戻る
物理検層イメージ

PS検層・電気検層・温度検層・密度検層
PS検層はボーリング孔を利用した最も一般的な物理検層で、地盤の正確なP波(縦波)、S波(横波)の速度分布をもとめる物理探査です。またこの結果を用いて、地盤のポアソン比、剛性率及び ヤング率が求められます。測定方法には図の様に地上で起振するダウンホール法と孔中でおこなうサスペンション法が有ります。

PS検層状況
測定状況

弾性波の発生方法は、P波は地面に置いた鋼板を垂直に強打することにより、S波は地面に設置した横木の切口を水平に打撃することにより発生させます。


 
 

ページの先頭に戻る