サービス紹介

地質調査(物理探査)

 

高密度表面波探査

一覧へ戻る
高密度表面波探査イメージ

測線上に起震点と受振点を複数設置し、ハンマーで起震点を起震させて受振点に伝わる表面波を観測します。
(P波弾性波探査に似ている)
表面波は短い波長の波は浅部を、長い波長の波は深部を伝わります(分散現象)。
従来の表面波探査に比べて測定システムが単純で迅速にデータの取得が出来ます。

作業状況(固定式)
作業状況(固定式)
作業状況(ランドストリーマー式)
作業状況(ランドストリーマー式)

解析の流れ
 
 

ページの先頭に戻る